07)

 武部さんのラジオ『家でよければ』に演出 佐々木さんが出演

富士急ももクノが行われていた7月7日、音楽監督の武部聡志さんのラジオ『家でよければ』に、ももクロの演出を手がけている佐々木敦規さんがゲスト出演しました。


50)

 武部聡志さんとは?

沢山のミュージシャンの音楽監督、編曲、等をしている音楽プロデューサーで、ももクロとは音楽番組で競演したり、今年のももクロの西武ドーム大会では、『ダウンタウンももクロバンド』として参加し生バンド演奏でライブを盛り上げてくれました。

01)

 ラジオで語られた事

武部さんは、ももクロのライブ演出を手がける佐々木さんをゲストに迎え、ももクロについてのトークをしてくれています。

 これまでたくさんの音楽に触れ、アーティストに触れ、音楽業界でも重鎮といわれてもおかしくない程の武部さんが、音楽番組や西武ドーム大会でのももクロとの競演を経て、本当に暖かく嬉しい言葉をたくさん聞かせてくれました。

ももクロ演出の佐々木さんがこれまでたずさわってきた、バラエティ、スポーツ等のキャリアを生かしての、ももクロ演出を…


目から鱗、驚く所がたくさんあった。
単純な音楽のショーってだけじゃなくて、いろんな見せる要素、バラエティな要素、ある種の格闘・戦いの要素、あんなショーを見に来るお客さんはすごい楽しいと思う。

佐々木さんが、
『ももクロや ももクロスタッフは、ライブを『大会』、歌・パフォーマンスは『試合』と呼んでいたりするんです。そうする事で、ガチンコ感みたいな物を出して、メンバーにも、そういう想いを入れ込んでいる。』と、言うと…


それに答えられるメンバーも凄いですよね。僕はビックリしました。あそこまで全力で『試合』に挑んで『大会』にチャレンジしていく感じは、僕はいろんなアーティストを見て来たけど、ももクロには、その部分で惚れ込んだっていうのはありますね。

『ももいろクローバーZ』をまだ、知らない人達もいっぱいいると思うんです。これだけ沢山のお客さんにコンサートに来て頂いて、CDも売れていながら、まだももクロを『ただのアイドル』だと思っている人達もいっぱいいて、『ももクロはもっとこうなんだよ』って布教活動を僕もしていきたいなと思っていまして。
佐々木さんは、本当に嬉しそうに『ありがとうございます』と言っていて、私も今、文字に起こしながらダラダラと涙が出ています。

そんな中、武部さんが『ライブ中、会場一面のサイリウムの様子が感動する』と一曲目に流して下さったのが『走れ!』でした。

武部さんは、ももクロの楽曲に関しても…

やっぱり音楽的にも面白いです。
今までのアイドルへ対する、アンチなニオイを感じて、音楽的にも普通アイドルが歌うようなありがちなポップチューンではない、ダークなテーマであったり、かなりロックっぽい物であったりとか。だからコンサートの演出をしていても楽しいんじゃないですか?
と言ってくれ、佐々木さんが、

『正直、楽しいです。曲もそうですが、マネージャーのkwkmさんが、ありがちな ”アイドルだから” という常識・リミッターを外してくれる。だから、アイドルの常識から ”頭のネジ” を外してみたら、ももクロのやりかたが見えて来たというのはあります。』

と言うと武部さんは、ももクロとの西武ドーム大会の4時間半ものライブを体験し、

パフォーマンスをする人は、お客さんを乗せてナンボだし、そこで実力以上の物を発揮してもらう為に、演出家も僕らのようなミュージシャンもいる訳で。
だから彼女達がのびのび4時間半、西武ドームでパフォーマンスする姿が、嬉しかった。
36)

佐々木さんも、この言葉を受けて、ダウンタウンももクロバンドとの西武ドーム大会終了後、
『楽しかった!楽し過ぎてヤバイ!』と動揺するくらい楽しんだ彼女達を見て、生バンドとの競演を経験し、”音楽の楽しさ” を初めて知ったのかもしれない。そんな印象を受けた。と話していました。

25)

37)


武部さんは、生バンドの魅力について…

生のバンドを背負って歌うと、自分たちの ”何か” に対してバンドが反応し ”何か” を返す。そのキャッチボールが、”熱” が、お客さんにもきっと伝わる。そういうバイブレーションが僕は大事だと思っている。こういう気持ちいいセッションが今後も続けていけると嬉しいなと思いますね。
47)

この他にも、ライブ演出を考える際の心がけを佐々木さんから聞きながらも『ももクロで、枠を超えた新しいエンターテイメントが生まれるといいですよね』と言ってくれ、
『8月4日には日産スタジアムで逢いたいですね。ハードな炎天下でのライブ。熱さを乗り越える素晴らしいパフォーマンスを我々も支えられたらいいなと思っております。』と日産スタジアム大会への参加をにおわせる発言もしてくれました。

01)

是非、『ダウンタウンももクロバンド』と楽しそうに歌って踊る彼女達を見たい。

武部さんが言ってくれた、『ももクロは「ただのアイドル」ではなくて「ももクロはもっとこうなんだよ」』という言葉。

ももクロを好きで応援している人は、武部さんと同じように感じていたり、気づいてなくてもそうだからこそ、応援し続けているのかもしれない、と思いました。

私自身も、ももクロは、こうだから良い!とかは、わかりません。

だから、日産スタジアムに行って、ももクロから、武部さん達から、チームももクロから、
『ももクロはもっとこうなんだよ』ってのを教えてもらいに行こうと思います(⌒-⌒)

06)

来週も佐々木さんとのトーク収録部分が放送されるようですのでチェックですね(⌒-⌒)

 ラジオ音源

Youtubeに佐々木さんの出演部分をアップしてくれている方がいたので貼っておきます。

曲はカットされているのですが、前奏が流れてきただけでウルッときてしまいますし、
バックに流れている ももクロの曲の選曲だけでも、なんか武部さんのももクロ愛が伝わって来てジーンとしちゃいます。



 ダウンタウンももクロバンド』の加藤さんが語ってくれた事

6月15日に放送された、ももクロの演出も手がける佐々木さんのラジオ『BODYSLAM BOYS』に出演し、ももクロと競演時に見て、感じた、彼女達の仕事への取り組み方、彼女達らしい無邪気な部分を語ってくれていて、良い話を聞かせてくれました(⌒-⌒)

<シンガー、武部バンドの加藤いづみさんが語る、ももクロ『天性の人なつっこさ』『頑張ってる力が何より説得力がある』>
13)