16)

『走れ!』作・編曲 michitomoさんインタビュー公開

情報サイト「dot.」で、音楽プロデューサー・michitomoさんのインタビューさ公開されています。
ももクロの『走れ!』の作・編曲を担当されているmichitomoさんが、これまでの活動を振り返るインタビューの中で、『走れ!』についても触れてくれています(^_^)

michitomoさんが、『走れ!』に関わるきっかけから、どういった事を作
・編曲で心がけたのかなどが語られています(^^)

dot.:第28回 作・編曲家/音楽プロデューサーのmichitomo氏にインタビュー
16)
(一部引用)
michitomo 《走れ!》に関してはINFLAVAっぽい曲をやったら面白いかなって出したら採用されました。完全にINFLAVAのスキームをそのまま、ももクロに落とし込んだんです。

――早見あかりさんのラップとか、早見さんの低音とあーりん(佐々木彩夏)の高音がオクターヴで重なるパートとか、すべてがエモーショナルでした。

michitomo INFLAVAだとNOBEが高いパートでCOZYが低いパートなんです。それを僕は頭の中でイメージした。

――その後に落ちサビになって百田夏菜子さんが歌ってファンがケチャって、その後またひと盛り上がりして、今度はファンが腕を左右に振る。僕も現場で何度もやりました。すごく気持ちいいんです。

michitomo  僕の中では正直、特にこの曲だけに力を入れたということはありません。いつも最低限110点をとれるものという気持ちで作っているので。《走れ!》も110点のもののひとつだったんですけど、歌詞の世界観が当時の彼女たちにはまって、ダンスも振りもすべてがかみ合ったから、今、こういう評価を得ているんでしょうね。僕の功績は、せいぜい10のうちの1いけばいいくらい。ほかはメンバー、スタッフ、振り付けの方、歌詞をつくったINFLAVAの貢献です。
(全文はリンクよりどうぞ) 

作曲を担当されてmichitomoさんの考えとして、“詞” がいいから、“曲” がいいから、という一つのポイントでなく、タイミングを含む色々な要素がももクロと噛み合った結果、今でもライブのラストを飾るような愛される曲になった という事のようですね(^_^)
個人的にもライブに行けば期待してしまう曲です(*´Д`*)


『美術室 走れ!』(2014年)

Broadcast live streaming video on Ustream

 関連リンク

行くぜっ!怪盗少女 ~Special Edition~(DVD付)
25)