スクリーンショット 2018-12-04 20.09.37

『作詞のことば』

「サラバ、愛しき悲しみたちよ」、「夢の浮世に咲いてみな」などのももクロ楽曲の作詞を担当された岩里祐穂さんの書籍『作詞のことば ~作詞家どうし、話してみたら~』が発売されました!

この『作詞のことば』は、岩里さんが、高橋久美子さん、松井五郎さん、ヒャダインさん、森雪之丞さん、坂本真綾さんの5名と 作詞家談義 を繰り広げたトークイベントの書籍化です(^^)

トークイベントでは ももクロ楽曲の制作について、さらにはメンバーについても語られる場面もありましたが…

高橋久美子『(「空のカーテン」)れにちゃんは朝はきっとお茶が似合うだろうと思った』

ヒャダイン『当時のディレクターさんから「ワニとシャンプー」というタイトルで曲をと。ひどい話でしょ』

気になる方はチェックを♪(^_^)



11/28発売『作詞のことば』
41ajujqZ6dL._SX337_BO1,204,203,200_

【Amazon】作詞のことば 作詞家どうし、話してみたら
【楽天】作詞のことば 作詞家どうし、話してみたら [ 岩里祐穂 ]
楽曲、特にポップスを形づくる時に大事な要素となる「歌詞」。それらを作る仕事「作詞」において、長年にわたり第一線を走ってきた作詞家たちが、自身の作詞術、制作の裏側などを語り尽くした、対談集。

本書でホストを務めるのは、80年代からJ-POPシーンで広く活躍する作詞家・岩里祐穂。 彼女が、第一線で活躍する個性豊かな作詞家を迎え、それぞれ一対一で"作詞"一色のトークを繰り広げる。

対談に登場するのは、元チャットモンチーの【高橋久美子】(チャットモンチー「ハナノユメ」「シャングリラ」、ももいろクローバーZ「空のカーテン」等)、安全地帯や氷室京介など多くの大ヒット作を持つ【松井五郎】(光GENJI「勇気100%」、V6「愛なんだ」、坂本冬美「また君に恋してる」等)、音楽業界でマルチに活躍する【ヒャダイン】(ももいろクローバーZ「行くぜっ! 怪盗少女」、でんぱ組.inc「W.W.D」、超特急「バッタマン」等)、近年ではミュージカル作品も手がける大御所【森雪之丞】(布袋寅泰「バンビーナ」、影山ヒロノブ「CHA-LA HEAD-CHA-LA」、シブがき隊「NAI・NAI 16」等)、そしてアーティストとして声優として不動の地位を築いている【坂本真綾】(坂本真綾「色彩」「逆光」「CLEAR」、ワルキューレ「風は予告なく吹く」等)の豪華な5名。

岩里との対話を通じて、彼らが自身の作詞術や感性を紐解いてゆく。

著者について
岩里祐穂(いわさと・ゆうほ)/1980年シンガーソングライターとしてデビュー。1983年堀ちえみ「さよならの物語」で作詞作曲家に、1988年より作詞に専念。1989年今井美樹「瞳がほほえむから」がランクイン50週のロングセールスを記録。ミリオンセラーとなった。1991年「PIECE OF MY WISH」、1994 年「Miss You」は共にオリコン1位を獲得。以後、坂本真綾、中山美穂、新垣結衣、布袋寅泰、花澤香菜、May J. 、ももいろクローバーZ、Sexy Zoneなど数多くのアーティストに、アニメ「マクロスF」「カウボーイビバップ」「魔法使いの嫁」や「海賊戦隊ゴーカイジャー」など幅広いジャンルに詞を提供。2009年「創聖のアクエリオン」でJASRAC賞銀賞を受賞。2016年、作詞生活35周年記念アルバム『Ms.リリシスト』リリース。